*

義理 と 人情

WS000200

「エルトゥールル号事件」

「イラン・イラク戦争時のトルコ航空による邦人救出劇」

を、ご存知ですか?

エルトゥールル号事件とは

1890年に、オスマン・パシャ提督率いる総勢650名の使節団が、
明治天皇の親書の答礼として、軍艦エルトゥールル号に乗り
日本へきました。

その帰路、台風により、同使節団は
和歌山県串本町大島の沿岸で沈没しました。

オスマン提督含む587名の乗組員が死亡する
大惨事となりましたが、
69名の乗組員が、
付近住民の献身的な救助により救出されました。

その後、日本海軍の巡洋艦によりトルコへ帰国できた、
という話です。

トルコ航空による邦人救出劇とは

エルトゥールル号事件の約100年後、
1985年に勃発したイラン・イラク戦争の際、
イラン領空の全航空機を攻撃対象とすると
イラクが発表をしたために、
テヘランにいた在留邦人250名が
帰国できず孤立する恐れとなりました。

「トルコ人なら誰もが
 エルトゥールル号の遭難の際に受けた恩義を知っています。
            ご恩返しをさせていただきましょう」

と 海外に自衛隊機を派遣できなかった日本の代わりに、
トルコ政府は、危険もかえりみずに
トルコ航空機をイランに派遣しました。

その結果、在留邦人は
イラクの攻撃設定期限直前で全員イランから脱出できた、

という話です。

その後、何かにつけ、親日のトルコが、
色々と日本の力になってくれていることを感じます。

まさに「義理」「人情」

こういう「心のあり方」が、大切です。
いつの時代も、忘れてはなりません。

お金がない駆け出しの頃、
いつも、コロッケを一つおまけしてくれた
定食屋のおばちゃんのところには、

自分が、どんなに出世して偉くなったとしても
その恩義感謝を忘れることなく
そこに行って食べるという「人間力」が大切です。

今の時代では、

高度成長期時代の
「ライバルに勝つんだ !!」

とか

「売れるためには、何したっていい。」

みたいな考え方が、ことごとく通用しなくなって来てます。

「この業界みんなのために頑張るんだ」

「この故郷の雇用のために頑張るんだ」

みたいなところが、特に伸びてます。

心を磨いて、 自分を磨き
お互いに向上でき、幸せになれるように
お互いに励みたいものですね。

スポンサード リンク

  スポンサードリンク

関連記事

「判断基準の変化」について

日本において、武士が統治している時代までは 「どちらが、力があるか ?」が ひとつの判断

記事を読む

「正しい」と「楽しい」について

どちらが「正しい」のか? と議論すると、 必ず争いになります。 ところが・・・

記事を読む

エネルギーを奪うタイプの人

おととい・・ 悩み事ならぬ悩まされごとがあり・・ ほとんど一睡も出来ませんでした。

記事を読む

「人間の見分け方」について

「人間の見分け方」についてのポイントです。 1. 「大酒」を飲ませた時、人が変わるかど

記事を読む

二人がいつまでも幸せにいられるためのコツ

二人がいつまでも幸せにいられるためのコツですが・・ それは、お互いに適度な距離をおくこ

記事を読む

未来を変えた島の学校

今日この本「未来を変えた島の学校」を 読み終えました。この本は、お薦めです。 PTAなどの組織で悩

記事を読む

完璧主義は良くない

なぜ、完璧主義がいけないのか・・・ ということですが、 それは、 人間は完璧ではな

記事を読む

私の好きな名言 田端俊久

前回の名言で紹介した 中村文昭さんの師匠で 熊本阿蘇の賢人塾代表の田端俊久さんの 私の

記事を読む

家族で一宮参り

早いもので、もう3月になりました。 本日1日は、久々に家族そろって まだ雪が残っている「一宮

記事を読む

私の好きな名言 西田文郎

今日は、西田文郎さんの名言です。 西田文郎さんは、大脳生理学と心理学を利用して脳の機能

記事を読む

スポンサード リンク

  スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

  スポンサードリンク

次男の10歳の誕生日

次男クンが10歳の誕生日を 迎えました。 本当は、昨日が誕生日で

手打うどん こみや

久しぶりに 「手打うどん こみや」さんで 「かき揚げうどん(中盛)

食ぶんや志村苑

久々に「志村苑」に来ました。 少し涼しくなって来ましたので あたた

ジョイアルカレー石和店

ジョイアルカレー石和店で 「カレーほうとう」を食べました。

映画 「シン・ゴジラ」

本日は、父の 米寿の祝いから始まり ショッピング等を済ませ 夜は

→もっと見る

PAGE TOP ↑