*

登頂できなかった富士山登山

公開日: : 最終更新日:2015/03/29 登山 , , ,

tzn1

過去5回登頂してますが、
今回初めて登頂できませんでした。

直接的な理由は、次男クンの高山病ですが
一番の理由は、私自身の判断の誤りと富士山に対する傲慢さからでした。

これから富士山に登ろうとか
お子さんと登ろう・・とお考えの方のために
私の恥を晒しますので
どうか参考にされて下さい。

頂上をスグ目前に見ながらのリタイヤでしたので、
悔しさは半端じゃありませんでした。

次男クンは忍耐強いので
泣いたり愚図ったりは決してしないで
最後までガンバってくれました。

次男クンの
「何としても登りたい」という想いが
強く伝わってきたので
高山病を発症しても、リタイヤの決断は、
簡単にはできませんでした。

ですから、高山病を発症してからは
標高を落とすために下山して回復を待ち・・
回復してからまた、登って再び発症したり・・・
何回も吐いたりしながら
頂上の手前まで、何とか行き着きました。

登ってきた道のりを上から眺めて見ますと
よくここまでこれた・・・と思いました。

子供の高山病の場合、お腹が痛くなったりします。
嘔吐もします。
クルマ酔いみたいな気分で寒気もあります。

大人の場合は、ひどい二日酔いのような感じで
キツい頭痛などが多いです。

こんな時に、近くで「喫煙」されると辛いのですが
おかまいなしにタバコをふかしている人がいます。

富士山の登山は、酸素の供給がポイントになりますので
タバコを吸わないと生命にかかわる人以外は
エチケットとして吸わない方がいいでしょう。

また、全身に力が入りにくくなったり
眠くなったりするのも、高山病です。

ですから
富士山や3000メートル級の山に登る時
思うように登れなくなって来たら
単純にバテているのではなく
高山病を疑った方がよいでしょう。

子供が富士山で高山病になりやすいのは
岩場などで、張り切り過ぎて
ペースを上げてしまうことなどに
一因があります。

急激に標高が変わることに
大人ほど身体が順応できないからです。

普通の山なら、
ピッピッと登った方がバテにくいのですが
5合目から富士山に登る場合は、
できる限りゆっくりと、
しかも休みながら登った方がベストです。
色んな説がありますが、私はそう感じてます。

また、5合目に到着したら、すぐに登り出さないで
標高に順応するために、1~2時間してから、
登り始めた方が良いです。

それから水分を豊富に摂ることが重要です。
脱水症状予防の他にも
水分には酸素が含まれているため
酸素摂取の意味があります。
ガブガブ飲むより、
こまめに少しずつ飲んだ方が良いでしょう。

tzn2

そして、特に子供の場合は
睡眠不足が一番の大敵です。

子供は、思ったより順応力が乏しいので
睡眠不足は、大人以上に重荷となるのです。

水泳の得意な子が
睡眠不足の時に溺れたりするのも
そんな理由もあるかと思います。

今回の登頂できなかった最大の原因は、これでした。

1日目に、張り切っていた次男クンは
長男クンからの注意を無視して、
飛ばし過ぎた感はありました。
これも多少は影響あったかもしれません。

振り返ってみますと
16時過ぎに山小屋に到着して
17時に夕食。
18時過ぎから24時くらいまで寝てました。

ちょうど24時頃、同室の方が
「眠れそうもないから山頂ご来光をめざしてみます」
と出て行かれました。

それをきっかけに、私と長男クンと次男クンと、
トイレに行ったのですが
「山頂ご来光を見たい !! 」
と次男クンが言い出しました。

現在の次男クンと同じ小学2年の時
山頂ご来光を目指して高山病になった長男クンは 反対しました。

その時、長男クンは高山病になり、
一度あきらめて下山して休んでいたら治り
もう一度登り直して登頂できたのでした。

その時の長男クンの睡眠時間は、
3時間くらいだったと思います。

最初は、長男クンの言う通り
予定通りに夜明けの出発にしようかと思いました。

けれども、今回は次男クンが主役ということと、
長男クンが小学の2年生の時の登頂時よりかは
次男クンは睡眠時間を取っている
という2点から、出発することにしました。

その判断の結果、次男クンにツラい想いをさせてしまったのです。

専門家はどう思うかわかりませんが
0時~3時半くらいまでの睡眠が、
かなり大切だと、今回痛感しました。

加えて言うのなら、小学3年生くらいまでは
山頂ご来光は、試みない方が無難だと思います。

長男クンは、小学4年生の時に
睡眠もしっかり取り、山頂ご来光を見ることができましたが、
それでも3回くらい吐いてました。

小学校2年生の時に、長男クンが登り直して登頂できたこと、
今まで長男がお鉢巡り付きでの登頂を3回できたこと・・
それらは偶然に近い、かなりギリギリのことで
富士山から奇跡的に登頂させてもらえていた・・と
受け止めるべきだったと反省しました。

いつの間にか、
登れて当たり前という想いになっており
謙虚さが足りなかったと思いました。
色んな意味で、己の傲慢さを反省しました。

そのように色々な気付きがありましたので
今回は登頂失敗とは思っておりません。

しかしながら 次男クンには、可哀想な想いをさせてしまったので
この夏、テント泊で、八ヶ岳にトライしてみようかと思ってます。

tzn3

スポンサード リンク

  スポンサードリンク

関連記事

八ヶ岳登山 編笠山・権現岳

8月5日~6日の 子どもたちと八ヶ岳の登山は 編笠山と権現岳にしました。 前回、富士山に登

記事を読む

国師ヶ岳・北奥千丈岳・金峰山登山2015

9月20日~21日は、家族4人で 国師ヶ岳(2591m)北奥千丈岳(2601m)金峰山(2599

記事を読む

編笠山・権現岳登山2016

8月6日~7日は、八ヶ岳へ 家族で、一泊テント泊登山に行きました。 いつもは、我が家では

記事を読む

奥秩父最高峰 北奥千丈岳 登山

24日は、子供たちの運動会の振替休日でした。 そこで、23日・24日と 一泊テント泊で 小

記事を読む

次男テント泊デビュー

夏休みを1週間後に控える7月14日~15日は、 小学5年生の長男と小学1年生の次男と 標高223

記事を読む

「扇山」「百蔵山」縦走

10月14日は、次男クンの7歳のbirthday登山となりました。 11歳の長男と、3人で登りまし

記事を読む

富士山登山2015 再トライ②

① からの続きです。 7合目 標高2,700mの花小屋のある7合目には 8:10 に到着しました

記事を読む

笠取山登山

本日はGW家族サービス第4弾、 家族で登山でした。 第3弾は昨日の空手の合同組手練習試合でし

記事を読む

2016 瑞牆山 テント泊登山

5月4日~5日は、 GWのレクレーションとして 瑞牆山(みずがきやま)に テント泊登山を

記事を読む

新しい登山靴

本日は、mont-bellにて 新しい登山靴を購入しました。 最近の登山靴の リーズナブル

記事を読む

スポンサード リンク

  スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

  スポンサードリンク

次男の10歳の誕生日

次男クンが10歳の誕生日を 迎えました。 本当は、昨日が誕生日で

手打うどん こみや

久しぶりに 「手打うどん こみや」さんで 「かき揚げうどん(中盛)

食ぶんや志村苑

久々に「志村苑」に来ました。 少し涼しくなって来ましたので あたた

ジョイアルカレー石和店

ジョイアルカレー石和店で 「カレーほうとう」を食べました。

映画 「シン・ゴジラ」

本日は、父の 米寿の祝いから始まり ショッピング等を済ませ 夜は

→もっと見る

PAGE TOP ↑